Blog 真っ青な空

工学博士が環境を考える

テレワークのダメージ

コロナ禍で、テレワークをやるようになって、「心身にダメージ」があったという人が72%に上る、という記事です。

f:id:BlueTech:20210417165401j:plain

 

news.yahoo.co.jp

 

・・・・

テレワークによって「体調や精神面での悪い変化」を感じた人は72%。一般社団法人 日本ユニファイド通信事業者協会(東京都港区)が、テレワークを実施している会社員551人に対して行った調査で、そんな結果が判明した。体調面では「体重の増減」「体力低下」「肩こり」を挙げる人が多かった。精神面では「ストレス」「集中力の低下」といった声のほか、「仕事へのモチベーション低下」や「孤独感が増した」という回答もみられる。

 一方で、テレワークの導入に消極的な企業に対しては、76%の人が「導入するべきだと思う」と回答した。

・・・・・

 

体調や精神面での悪い変化?

それは単に仕事環境の変化のせいで、ルーチン化していた日々の生活が変わったからだと思います。

 

通勤時間が無くなったこと、嫌な上司や同僚と話さなくてもよくなったこと。
そんなストレスからの解放の方が大きい。記事が言う、テレワークのダメージは一過性で、ヒトはすぐ、そのテレワークという新しい労働環境に慣れてゆくように思います。

 

テレワークのダメージ(終わり)