Blog 真っ青な空

工学博士が環境を考える

環境規制

パリ協定復帰

アメリカの新しい大統領のバイデン氏。 バイデン氏は2050年までに二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロにする目標を掲げている。また、今回、バイデン氏が署名した大統領令は、自動車の燃費基準やメタン排出規制の見直し検討なども、政府機関に義務付け…

環境規制動向(8)

環境規制、中国の動向です。前回は、化学物質について調べました。今回は、中国の排ガス規制についてです。 中国では国6規制が都市部で施行され、2020年7月に中国全土に適用する予定でしたが、コロナウイルスの影響で延期となりました。国6規制とは、国6…

環境規制動向(7)

ずっと、世界の環境規制について調査しています。 今まで、世界の環境規制を主導してきたEUとアメリカについてです。彼らはグローバルスタンダードを野心的に作り続けてきました。 blue2020.hateblo.jp それで、今回は、台頭する大国、中国の動きです。 中国…

環境規制動向(6)

アメリカの環境規制について調べています。 blue2020.hateblo.jp 前回は化学物質の規制についてでしたが、今回は自動車排ガス規制についてです。 この図は世界の排気ガス規制動向です。その中で、アメリカの規制をみてみることにします。 連邦全体としては、…

環境規制動向(5)

今までEUでの環境規制を調べました。化学物質の使用規制や自動車排ガス規制などについてです。 blue2020.hateblo.jp 今回は、アメリカの状況についてです。 まず、化学物質の使用規制。 アメリカでの電気・電子機器の有害物質規制は、連邦レベルでの法律は…

環境規制動向(4)

環境規制について調べています。 前回までは、EUの化学物質の規制について調べました。 blue2020.hateblo.jp 今回は、以前から気になっていたEUの大気汚染、排ガス規制について調べてみます。主にエンジン排ガスについての規制です。 EU(欧州連合)における…

環境規制動向(3)

環境規制について調べています。 主にEUで電子機器に適用されるROHS指令について記しました。 blue2020.hateblo.jp で、同じEU域で出されているREACH規制についても整理して記したいと思います。 REACH( Registration, Evaluation, Authorization an…

環境規制動向(2)

環境規制動向を調べています。 その環境規制の一つにRoHS指令:Restriction of Hazardous Substances Directive(危険物質に関する制限令)があります。電子・電気機器における特定有害物質の使用制限についての欧州連合(EU)による指令です。RoHS指令は2003年2…

環境規制動向(1)

地球環境についてのやかましさ、年を追うごとに激しくなっています。地球温暖化、二酸化炭素削減のかけ声は途絶えることがありません。 そのほかにも、以前から、環境規制が行われてきました。ここで環境問題の全体をまず振り返ってみます。 図は、右に行け…